流涙症

流涙症(涙目)とは

kaibouzu 涙は目の表面を潤したのち、目がしらにある涙点という小さな穴から吸い込まれ、涙小管・涙嚢・鼻涙管を通って鼻腔に排泄されます。この涙の排泄路を涙道といいます。通常は分泌と排泄のバランスがとれていて涙が外にこぼれることはありませんが、分泌が増えたり排泄が悪くなったりすると涙がまぶたの外にあふれるようになります。このように涙がまぶたの外にこぼれる状態を流涙症といいます。涙の分泌が増えるのは多くの場合結膜炎や角膜の傷などのような眼の表面の病気が原因であり、涙の排泄が悪いのは涙道の詰まりすなわち涙道閉塞によることがほとんどです。

流涙症の症状

 涙道が詰まると、常に涙があふれるためしょっちゅう涙を拭いていなければならず、目のふちがただれたり、うるんで見えにくくなったりします。とくに涙嚢よりも下流での閉塞の場合は、涙嚢内に滞った涙が濃縮されることにより粘液や膿のような汚い目やにが出るほか、涙嚢部(目がしらの内側)を押さえると涙嚢内容が逆流してくることがあります。このような状態を慢性涙嚢炎といいます。まれですが、慢性涙嚢炎の経過中に涙嚢内容に細菌が感染すると、目と鼻の間がひどく腫れて痛んだりすることがあります。このような状態を急性涙嚢炎・涙嚢周囲炎といいます。

 また、赤ちゃんの中には,鼻涙管が鼻腔に開くところが粘膜で覆われたままになって開通していないことがしばしばあり、この状態を先天性鼻涙管閉塞といいます。このような赤ちゃんはいつも目がうるんでいます。大人と同様に涙嚢内に粘液や膿が貯まり、これが目やにとなって出てくるようになったものを新生児涙嚢炎といいます。

成人の治療

 大人の涙道閉塞の場合は、目と鼻の間を約2cm切開し涙嚢粘膜と鼻粘膜をつないで涙の流れるバイパスを新しく作る涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)という方法を第一に行ないます。これまでは一般に手がけられることが少なく成功率も低かったのですが、涙道と鼻腔についての解剖学的知識を身につけ,顕微鏡と内視鏡(鼻の中をのぞくカメラ)を使った新しい方法を取り入れることにより、100%の成功率が得られています。手術は局所麻酔で30分~1時間です。日帰り手術で行います。

小児の治療

 生まれた時点で鼻涙管が開通していなくても、成長に伴って自然に開通して治癒する場合があります。涙嚢マッサージという方法は、自然治癒の助けになるといわれており、副作用や合併症のない安全な方法ですので、赤ちゃんが小さいうちはまず試みてみる価値があります。正確に行うことが重要ですので、当院では院長がお母さんに正しい方法とこつを直接お教えしています。

 自然治癒がなく涙嚢マッサージも無効な場合には処置を行います。先天性鼻涙管閉塞には、ブジーとよばれる細い棒状の器具を涙点から挿入して閉塞部を開放する涙道プロービングという方法が非常に効果的で、多くは外来での短時間の治療で劇的に治癒します。他の眼科で何回も治療を受けても治らなかったような症例にもよい結果が得られています。最近では,涙道内に洗浄液を注入しながら涙嚢を圧迫し水圧で閉塞を開放する加圧涙道通水という方法を新たに考案して行っています。涙嚢マッサージの安全性と涙道プロービングの確実性を併せ持った方法です。

 さらに、外来治療で治らないような難しい症例には、全身麻酔下で内視鏡を使って涙道プロービングを行なったり大人と同様の手術を行なったりします。全身麻酔での手術は、連携先の総合病院に入院していただき院長の執刀で行います。通常は2泊3日の入院になります。

涙目のQ&A

namida06 namida07

どんな病気ですか?

涙の排泄路を涙道といいますが、この涙道が閉塞して涙がまぶたの外にこぼれるようになった状態を流涙症(涙目)といいます。

どんな症状ですか?

しょっちゅう涙を拭いていなければならず、目のふちがただれたり、うるんで見えにくくなったりします。汚い目やにが出たり、目がしらの内側を押さえると粘液や膿が逆流したりすることもあり、ときに目と鼻の間がひどく腫れて痛むこともあります。

簡単に治りますか?

涙の流れるバイパスを新しく作る涙嚢鼻腔吻合術(るいのうびくうふんごうじゅつ)という方法があり、100%近い成功率が得られています。手術は局所麻酔で30分~1時間です。日帰り手術で行います。

赤ちゃんで目やにや涙がでているのはどうなっているのでしょうか?

生まれたばかりの赤ちゃんでは涙道が開通していないことがしばしばあり、この状態を先天性鼻涙管閉塞といいます。涙嚢内容が目やにとなって出てくるようになったものを新生児涙嚢炎といいます。

赤ちゃんの涙目は治りますか?

先天性鼻涙管閉塞には、ブジ-と呼ばれる器具で閉塞部を開放する涙道プロ-ビングという方法が非常に効果的で、多くは外来での短時間の治療ですみます。難しい症例でも、全身麻酔での内視鏡を使った手術で治せます。