主な眼疾患

白内障

 水晶体(レンズ)の濁りによって視力が低下する白内障は、多くの場合手術によって視力を回復することが可能です。日帰りで白内障手術を行います。

流涙症(涙目)

 涙の排泄路である涙道の閉塞による流涙症(涙目)は手術で治すことができます。涙道手術を手がける眼科医が少ない中、最先端の涙道手術で良好な成績を上げています。

詳しい説明はこちら流涙症詳細

緑内障

 緑内障には多くのタイプがあり、病気の程度も一人一人さまざまです。薬物・手術それぞれに多くの選択肢を持ち、患者さん一人一人に合ったきめ細やかな治療を行います。

糖尿病網膜症

 重症例では失明に至る糖尿病網膜症も、早期発見や適切なレーザー治療で一生にわたりよい視力を保つことができます。定期検査と早期治療により失明予防のお手伝いをします。

網膜剥離

 放置すれば失明に至る網膜剥離は、多くの場合入院のうえ緊急手術が必要です。豊富な手術経験をもとに総合病院と連携して手術を行います。