HOME > 診療内容 > 網膜上膜

1.網膜上膜とは

網膜は、眼球の内面を覆っている膜状の組織で、ものの形や光を感じ取る働きを持っています。目の構造・しくみをカメラに例えると、網膜はフィルムに当たります。

黄斑と中心窩

この網膜の上にセロファンのような膜が形成される病気が「網膜上膜」(または「網膜前膜」)です。多くの場合、網膜の中心部で最も感度のよい部分である黄斑部にできることが多いため、黄斑上膜、黄斑前膜、セロファン黄斑症と呼ばれることもあります。
この膜が収縮することによって網膜が引っ張られ、網膜に皺(しわ)ができます。本来、網膜の表面は平らですが、しわにより網膜の表面が波打ち、そこに映る像も波打って見えます。すなわち、物がゆがんで見えるという症状(変視症)が出現します。物が大きく見える(巨視症)こともあります。進行すると視力も下がってきます。

網膜上膜図解
 

2.網膜上膜の治療

視力低下や変視症が強くなってきた場合、手術で網膜上膜を取り除くことで症状を改善できることがあります。
当院では手術が必要と判断した場合には、連携医療期間での手術をお勧めしています。