HOME > 診療内容 > 翼状片

この記事の目次

1.翼状片とは

角膜(くろめ)の鼻側にある球結膜(しろめ)の組織が、異常な増殖を起こして角膜の上に伸びてくる病気です。翼状片という名前の由来は、両眼に生じた場合、鳥が翼を広げたような形に見えることによります。海辺に住む人、屋外で仕事をしている人、などに多くみられることから、原因として紫外線の影響が考えられています。主に充血や外見の悪さ、異物感が問題となりますが、進行したものでは眼球の動きが損なわれて物が二重に見えたり、角膜に歪みを生じることで乱視が強くなり、視力が低下したりすることもあります。

翼状片
 

2.翼状片の治療

症状が軽いうちは点眼で経過をみますが、大きくなって症状が強くなったら手術で翼状片を取り除きます。しばしば再発することがあるので、手術のやり方に工夫が必要です。
当院では翼状片を切除した後、細胞増殖を抑える薬剤を局所に塗り、周りの正常な球結膜を引き寄せて切除した部分を覆う方法を行っています。術後しばらくは充血と腫れがありますが、再発の確率を低くできます。